ウォータースタンド 料金

ウォータースタンド 機種ごとの料金などを比較【設置など注意点も】

 

ウォータースタンドのチェックポイント

  • ウォータースタンドってどのくらいの機種があるの?
  • どの機種をどんな基準で選べばいいの?
  • 設置場所はどこがオススメ?

 

ウォータースタンドはあなたの生活スタイルに合わせた機種を選ぶのがオススメ!

 

「人気機種をとりあえず選ぼうかと思うんだけど…」
「口コミとかCMでけっこうオススメされているから…」

 

というなんとなくな基準で選ぶと、あとあと後悔して結局すぐに解約して解約金を支払う羽目になるかもしれません。

 

そうならない為にも、ウォータースタンドの種類をきちんと把握して、あなたにとってほんとうに必要なウォータースタンドを見つけてください。

 

ウォータースタンドの機種と料金について!

 

ウォータースタンドはまず、おおまかに2種類から選ぶことになります。
あなたにとってどんなお水を飲みたいかが大切です。

 

・99.5%不純物を除去して排水を出さない【ナノラピア】シリーズ
・99.9%以上の不純物を除去して純水を造る【プレミアム】シリーズ

 

ナノラピアは、ナノトラップフィルターによって排水が出ないので水道代がリーズナブル!
しかも、不純物の除去率は99.5%とかなり高いです。

 

プレミアムは、逆浸透膜(ROフィルター)なので排水は出るものの、不純物の除去率が99.9%と驚異的に高く、ピュアウォーターを作り出せます。
こちらは、ヨウ素やセシウムなどの放射性物質まで除去できるので、安全性がかなり高いです。

 

どちらでも安全性は十分なんですが…
ミネラルが身体に負担になる赤ちゃん(ミルクや離乳食)やペット(飲み水)にとっては、プレミアムシリーズがおすすめです。

 

ナノラピアですとミネラルがある程度残るので、健康維持に気を使いたい方、美味しさ重視の方におすすめです。

 

基本的には、金額面と機能面の両方から公式サイト(ジャストさんのページ)でナノラピアの製品のほうが人気が高いようです。

 

ウォータースタンド 【ナノラピア】の機種

【ナノラピア ネオ】

■料金
通常レンタル → 3980円/月額
長得レンタル → 3500円/月額(長得登録料で10000円)

  • 水圧は高めでお鍋料理のお湯としても◎
  • タンクは合計で6リットルと多め
  • 2段階の省電力モード
  • プッシュ式で片手ラクラク操作
  • 3層フィルター+抗菌機能
  • チャイルドロックあり
  • 料金と機能のバランスが◎
浄水方式:静電吸着タイプ

タンク容量:常温水2.5L、冷水2.5L、温水1.0L 合計6.0L
製品重量:18.0kg
製品寸法:260mm(W)×505mm(D)×500mm(H)
消費電力:コンプレッサー:115W、ヒーター:300W
温度仕様:冷水5.5℃〜7.3℃、温水93℃〜85℃

 

【ナノラピア マリン】

通常レンタル → 3980円/月額
長得レンタル → 3500円/月額(長得登録料で10000円)

  • 幅が18cmと驚異的に小さいから設置場所を選ばない
  • 近未来的でインテリアに◎なデザイン
  • 国仲涼子さん出演CMで押しの機種
  • 水圧は弱めなもののタッチパネルで簡単な片手操作
  • タンクが小さく軽量化でスペースをまったく取らない
  • キッチンの限られたスペースにも◎
  • 省電力モードあり
  • チャイルドロックあり
浄水方式:静電吸着タイプ

タンク容量:冷水 1.35L、常温水 直接ろ過方式、温水 瞬間温水過熱方式 合計1.35L
製品重量:8.5kg
製品寸法:181mm(W)×420mm(D)×375mm(H)
温度仕様:冷水4.5℃〜7.5℃、温水92℃

 

ナノラピア トリニティ

通常レンタル → 3980円/月額
長得レンタル → 3500円/月額(長得登録料で10000円)

  • 冷水タンクが大容量(3.5L)
  • 法人、企業や公共の場向け
  • シンプル設計で使いやすい
  • タンク容量や冷水の温度がメーターでわかりやすい
浄水方式:静電吸着タイプ

タンク容量:常温水2.5L、冷水3.5L 合計6.0L
製品重量:18.0kg
製品寸法:260mm(W)×470mm(D)×500mm(H)
消費電力:コンプレッサー:120W
温度仕様:冷水5.5℃〜7.3℃

 

ナノラピア メイト

通常レンタル → 2480円/月額
長得レンタル → 2000円/月額(長得登録料で10000円)

  • 常温水のみのシンプル設計
  • タンクレスでスリムだから設置場所が自由
  • キッチンの限られたスペースにも◎
  • 機能に左右されず安定した強い水圧
  • 冷水&温水オフで電気代0円
  • 電源不要だからコンセント近くじゃなくてOK
  • 料金や電気代など合わせて最も安い
浄水方式:静電吸着タイプ

ろ過水量:3,600L(JIS除去項目除去率80%以上維持)
製品重量:3.3kg
製品寸法:130mm(W)×403mm(D)×308mm(H)

 

ウォータースタンド 【プレミアムシリーズ】

プレミアムラピア ステラ

通常レンタル → 5980円/月額
長得レンタル → 5500円/月額(長得登録料で10000円)

  • もっとも多機能の上級グレード
  • 直感的なタッチパネル形式
  • 旅行で長期不在でも安定の自動節電
  • 安心のサーバー内の自動除菌機能
  • 抽出温度を自分で設定できる
  • タンク内への微粒子の侵入を最小限に
  • チャイルドロックあり
浄水方式:逆浸透膜方式

タンク容量:常温水2.5L、冷水2.3L、温水1.0L 合計5.8L
製品重量:17.9kg
製品寸法:260mm(W)×530mm(D)×500mm(H)
消費電力:コンプレッサー:115W、ヒーター:300W
温度仕様:冷水5.5℃〜7.3℃、温水93℃〜85℃

 

プレミアムラピア S2

通常レンタル → 5280円/月額
長得レンタル → 4800円/月額(長得登録料で10000円)

  • インテリアにマッチする高級感のあるデザイン
  • コンパクトで小さいからキッチンでも場所取らず
  • タンク内への微粒子の侵入を最小限に
  • 抗菌フィルターで微生物の増殖を防止
  • 加熱と冷却の制御による省エネ機能
浄水方式:逆浸透膜方式

タンク容量:常温水2.5L、冷水2.3L、温水1.0L 合計5.8L
製品重量:18.0kg
製品寸法:260mm(W)×483mm(D)×500mm(H)
消費電力:コンプレッサー:115W、ヒーター:300W
温度仕様:冷水5.5℃〜7.3℃、温水93℃〜85℃

 

プレミアムラピア L2

通常レンタル → 6980円/月額
長得レンタル → 6500円/月額(長得登録料で10000円)

  • 造水力がトップレベルでお水の大量使いに対応
  • 卓上型ではない唯一の『スタンド型』ウォーターサーバー
  • 幅26cmのスリムボディで狭い空間も◎
  • キッチンカウンターに合う白黒のシックなデザイン
  • タンク内への微粒子の侵入を最小限に
  • 抗菌フィルターで微生物の増殖を防止
浄水方式:逆浸透膜方式

タンク容量:常温水6.0L、冷水3.0L、温水3.0L 合計12.0L
製品重量:29.0kg
製品寸法:260mm(W)×448mm(D)×1150mm(H)
消費電力:コンプレッサー:115W、ヒーター:500W
温度仕様:冷水4.5℃〜7.3℃、温水93℃〜88℃

 

プレミアムラピア ネオス2

通常レンタル → 3480円/月額
長得レンタル → 3000円/月額(長得登録料で10000円)

  • 常温水のみのシンプル設計
  • タンクレスでスリムだから設置場所が自由
  • キッチンの限られたスペースにも◎
  • 機能に左右されず安定した強い水圧
  • 冷水&温水オフで電気代0円
  • 電源不要だからコンセント近くじゃなくてOK
  • 料金や電気代など合わせてプレミアムで最も安い
浄水方式:逆浸透膜方式

浄水能力:3.2L/時間
タンク容量:常温水3.5L
製品重量:4.9kg
製品寸法:192mm(W)×430mm(D)×434 mm(H)

 

目的別で選ぶウォータースタンドの機種!

ウォータースタンドの料金をひたすら安くしたい場合は?

 

ぶっちゃけた話…

 

「電気ケトルがあるから…!」
「冷蔵庫に水入れるの手間じゃないよ」

 

という場合は、月額最安値の『ナノラピア メイト』か『プレミアムラピア ネオス2』といった常温水のみのタイプで十分です!

 

ナノラピアメイトなら2480円で電気代0円で排水も出ないのので、飲む分の水道代しかかかりません。

 

※税込で2678円+水道代

 

プレミアムラピア ネオス2だと3480円で電気代0円、排水は出ますが不純物ほぼ0の純水なので安心を買うという意味で選択するのもありです。

 

※税込で3758円+水道代

 

赤ちゃんのミルクや離乳食にウォータースタンドを使いたい場合は?

 

「ミネラルも放射性物質もしっかり取り除けるお水がいい」
「我が子の安心を守りたい…!」

 

といった場合は、基本的にプレミアムシリーズのウォータースタンドがオススメです。

 

純水(ピュアウォーター)を作れるというメリットがあって、ほかにも除菌機能や微粒子の侵入を防ぐ機能も搭載されている機種があるからです。

 

月額の料金は高めになりますが、ウォータースタンドの『乗り換え全額負担キャンペーン』や『子育て支援パスポート』を駆使すればお得に始めることも可能です。

 

ウォーターサーバーに求めるのは便利な所!という場合は?

 

単純に便利さと安全性を求めるのでしたら、値段がプレミアムより一段階安いナノラピアのシリーズがオススメ!

 

冷水・常温水・温水のすべてに対応しているのを考えると、『ナノラピア ネオ』か『ナノラピア マリン』を選べばまず不満に感じることは無いはずです。

 

わたしもウォータースタンドで選んだのはナノラピアネオでしたが、やっぱりキンキンに冷えたお水を飲んだり、料理で熱湯を利用できるのは大きいです♪

 

 

何を選ぶかそもそも決まっていない!という方も、まずは上記の2機種から始めると良いんじゃないでしょうか。

 

ウォータースタンドを設置するならどこ?注意点は?

 

ウォータースタンドは水道直結式ということもあって、水栓のある所と電源が近い方が配線がゴチャゴチャせずに済みます。

 

また、お水の使用頻度のことを考えると、理想的な設置場所はやっぱりキッチン、もしくはダイニングです!

 

・料理でお水やお湯を頻繁に使う
・家族での食事中にお水をよく飲む
・学校帰りの子どもがダイニングに来る
・学校へ持っていく水筒がキッチンに置いてある
・秘蔵のお酒をダイニングの棚に大量に収納
・朝ごはんのトーストに合う美味しいコーヒー
・朝の健康的な白湯を飲む習慣に
・ペットへのご飯とお水を用意するとき

 

逆にNGな設置場所は寝室です。

 

ウォータースタンドはコンパクトな点もあって音は静かですが、それでも再沸騰や冷却するときにわずかに音は出ます。

 

アイコンのライトが明るくて眠りの邪魔になる可能性もありますし、寝室に水栓は無いので配線の問題も十分あり得ます。
なので、寝室やお部屋の中というのは極力避けることをオススメします。

 

従来のウォーターサーバーのお水が飲み放題という便利さ

 

 

基本的に従来のウォーターサーバーは、初期費用0円だったりサーバー設置代がかからない、レンタル料0円など多いですが、お水のボトルを購入するごとにかなりの金額がかかります。

 

ガロンボトルタイプですと、1本(12L)で1000円以上!
例ですが、東京23区で4人家族のお水の一般的な使用量は毎月およそ300Lと言われています。

 

もしも、ガロンボトルを300L分(12L×25本=300L)購入すると、1本1000円だとしても25000円もかかることに!

 

ウォータースタンドは月額固定なので、いくら飲んでも同じ値段です。
わたしのレンタルしているナノラピアネオは月額3980円(税込だと4298円)なので、水道代や電気代を合わせても5000円かからないレベルです。

 

ガブガブお水を飲みまくっても従来のウォーターサーバーの1/5程度の料金で済むのはうれしいですね♪

 

\月額3480円〜でお水が飲み放題!/

 

\デメリット5つ!体験談を赤裸々告白/

page top